山岳テント:アライテント「エアライズ1」

■個人的満足度

総合的な満足度 ★★★★☆
軽量 ★★★☆☆
設営が簡単か ★★★★★
耐久性 ★★★★★
居住性 ★★★☆☆

■評価


日本の山岳テントの定番です。結露もほとんどしなくて、風の強い稜線でも問題なしです。
身長180㎝だと、寝袋に入った際に頭と足が壁にぶつかり、そこがフライについて結露してしまいます。。
もう一回り大きければ使い続けたいテントです。
写真は聖平小屋でのテント泊時の様子です。

◎いい点

  1. 安心感

  2.  定番テントだけあって、どんな天候の時も設営をしっかりすれば安心できる。

  3. 設営がしやすい

  4.  スリーブ式。 難しいところはなく、慣れれば数分で設営完了。

  5. コンパクト

  6.  設営場所が小さい稜線上でもしっかり設営ができる。

△悪い点

  1. 重さは今となっては重め(2021年時点の他のダブルウォールの中で比較した場合)

  2.  サイト情報:1,36kg(本体+フレーム+フライシート)
     実測合計:約1,70kg
     (本体,フライ,アンダーシート,ポール,張綱,ペグ12本,収納袋)
     ペグは「ダンロップ」の「マグネシウムペグ」(1本8g)を使っています。

  3. 狭い

  4.  室内:短辺100cm、長辺205cm
     身長が180㎝だと寝ると頭と足が壁にぶつかり、寝袋が濡れたり冷気が伝わってくる。

  5. 前室

  6.  短辺側なので広くはない。靴のサイズが29㎝だとどうにか置けるぐらい。フライトはぶつからない。




■スペック

メーカーサイトから抜粋。エアライズ1 1人用(最大2人)。2012年頃購入。
重量 約1.36kg
寸法 100×205(W)×100cm(H)
本体素材 28dnリップストップナイロン(東レ『ファリーロ』中空糸)
フライ素材 30dnリップストップナイロンPUコーティング
フロア素材 40dnナイロンタフタPUコーティング

■使い勝手


日本のテント場でよく見かける定番テント。使っていても安心感がある。

収納はコンパクトになる。
収納袋は純正のとは違い防水性能の高いシートゥサミットの「ウルトラシル コンプレッション ドライサック」Sサイズを使っていた。

おすすめ