ボトル:サーモスの水筒「山専用ボトル」と「マグタイプ」


 サーモスの「山専用ボトル」や「マグタイプ」のものを用途によって使い分けています。
 テント泊の際や、日帰りでお茶を飲みたいときなどに便利です。
 特に「山専用ボトル」は、家で沸騰したお湯を入れて持って行って、お昼にチャイを入れる際にはまだ熱々です。
 使っている感じでは5時間ぐらいは熱くて冷まさずには飲めないぐらいです。

■道具紹介

■サーモスの「山専用ボトル」を愛用しています。
容量は500mlや900mLがあり用途に合わせて選ぶことができます。
500mlサイズを使っていますが、ソロなので今のところ容量に問題はない感じです。
ランチのカップラーメンに使って、食後のチャイを淹れることができる容量です。
チャイを直接入れると色やにおいが落ちにくくなるので、このボトルはお湯や水しか入れないようにしています。
ちなみにスノーピークのマグカップ(300ml)がぴったりはまります。


容量 500ml
重量 256g(ゴム部分外した重さ)

■サーモスのマグタイプ(350ml)
山専用ボトルに比べて、保温時間は劣るので、山でお茶を入れる用として持って行っていくことが多いです。
茶葉の袋とお湯を入れてティーポット代わりに使っています。
山専用ボトルはお湯と水専用にして、こちらはチャイを家で作って入れておいたり、山で茶を淹れる際に使うことが多いです。

容量 350ml
重量 167g

おすすめ